アヒル小屋の日記

楽しく生きなきゃ損!趣味、子供、生き方など


広告

パーシーとゲイター

スポンサーリンク
息子がトーマス大好きなのでよく録画したトーマスを見せています。
はじめは「名前と見た目とキャラが一致しない…」と思ってましたが
だんだん覚えてきました。
内容はなんつーか、「社会で活躍する自立した大人になるための礎」って感じです。
欧米は子供を子供扱いしすぎないんだなーとしみじみ感じます。

題のパーシーとゲイター。
もうね、遠距離恋愛ドラマにしか見えないのよ。
恋愛じゃなくて友情なんですけど、パーシー応援したくなるわ。

出会いはパーシーたちの働くソドー島にゲイターが短期のお手伝いに来るところから。
パーシー(小さくてかわいい)はゲイターのイカツイ姿にビビるのですが
すぐに打ち解けて親友になります(ギャップ萌えってやつか?)。
ところがゲイターは仕事が終わったら去っていきます。

見るもの、行くところ、全てにおいてゲイターを思い出して寂しさが募るパーシー。
仲間のアドバイスもあり、仕事に打ち込んでゲイターの事を考えないようにします。
ところが「考えちゃダメ!」と考えすぎて仕事で失敗します。
そこでゲイターの言葉を思い出して、失敗を克服!
しまいにゃ「ゲイターの事を考えると幸せなんだ」とパーシー。泣ける。

クリスマス前になんとゲイターが再びソドー島にやってきました。
お互い会いたくて探すもスレ違いばかりで会えない二人。
スレ違いに疲れた二人はお互いに「きっと僕に会いたくないんだ」と落ち込みますが…

ついに再会キターーーーー!
積み荷の塩を浴びちゃったけど、二人は再会を心から喜ぶのです!
ホワイトクリスマス(雪じゃなくて塩だけど)!
ゲイター、ソドー鉄道に移籍しちゃいなよ!と心から思います。
   
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ11へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ
プライバシーポリシー 免責事項
スポンサーリンク
ドラゴンクエストXIの画像の権利は (C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved 
二次配布はおやめください。