アヒル小屋の日記

楽しく生きなきゃ損!趣味、子供、生き方など

 
にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ

天体ショーとロマン

スポンサーリンク
7/22の昼、皆既日食ですな。
ここら辺じゃ部分日食しか見られませんが。
その日はバイトなので天気が良くて
12時台に休憩をもらえたらピンホールで観察する予定です。
太陽を、小さな穴を通してなんかスクリーンに映すと
かけている太陽の形が見えるそうです。
バスカードの穴と広げたエプロンで代用するつもりです。

うちの母と皆既日食について会話をしました。
私「喜界島(母方の出身地)でもギリギリ見られそうだよ」
母「たくさん人が集まるのかね?小さな島なんだから沈むよ(冗談)
  まだ日時ははっきりしてないの?」
私「いや、わかっているよ」
皆既日食、および部分日食を見られる日時は
分単位でわかっているし
どこの地域で見られるのか地図でも示してあるし
ウン十年後の日食も計算済みだ
と説明。
母「つまんないね…。誰がそんなの計算するの?
  ヒマだね~」
私「天文学者とか観測所とかは計算して把握しているよ」

理系人間はわからないことがわかること、計算できることに
すげぇぇ!とロマンを感じるのですが(私はね)
そうでない人にとっては
わかりすぎるとつまらなくなることもあるようです。
そういや、母は○○流星群のような
○時~△時の間、じっと空を見ていれば観測できるかも
という天体ショーにはすごく興味をもっていました。

わかりすぎるということは物事が面白くなくなるのかも、
と学習しました。
まだまだわからないことが世の中にいっぱいあるので
面白いのかも、と。
 
にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ
プライバシーポリシー 免責事項
スポンサーリンク
ドラゴンクエストXIの画像の権利は (C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved 
二次配布はおやめください。