アヒル小屋の日記

楽しく生きなきゃ損!趣味、子供、生き方など

   
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ11へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ

チェーンソーマンを大人買い

スポンサーリンク

鬼滅の刃約束のネバーランドデスノートを流行前から目を付けてた私が

次にお勧めしたいのは、ずばりチェーンソーマンです!

え?私がヒット作をヒット前から目を付けていたからなんだって?

面白いものがちゃんと評価されて広まっただけだって?

まぁまぁ、そんなことおっしゃらずに。

 

 

物語の導入

 

時代は「ソ連」があった頃。

主人公はデンジというおそらく16才の少年。

母は病死、父は多額の借金をの残し首吊り自殺。

借金返済のためにヤ○ザに搾取されながら、基本的人権以下の生活をしています。

本人は基本的人権って言葉すら知らなさそうですが。

 

彼の相棒はチェーンソーの悪魔の「ポチタ」。

デンジが子供の頃、死にかけていたポチタを救い「契約」を結びました。

私利私欲のためというより、生きていくために支え合うという感じです。

2人の夢は、食パンにジャムを塗って食べるような「人並み」の生活をおくるというささやかなものでした。

 

ところがゾンビの悪魔に嵌められポチタとデンジは瀕死に。

ポチタは「自分の心臓をあげるから、語っていた夢を見せて」と

デンジと契約して生き返します。

 

そんなデンジを拾ったのは公安の特異課のマキマ(美人)。

デビルハンターとして、「人並み」だけど命懸けの人生がスタートです。

人生?いや、デンジは人でも悪魔でも魔人でもないそうですが。

※魔人…悪魔が死体を乗っ取った状態。作中では義務教育を受れば知ってて当然だそうです。

 

世界観

 

悪魔は名前をもって生まれる。怖そうな名前の悪魔ほど強い。

悪魔は人の恐怖を感じるとパワーアップする。

悪魔との契約は絶対で、守れない方は死ぬ。悪魔・人間の両者ともそのリスクを負う。

契約すれば悪魔の力を使ったり、悪魔を使役したりできるが、

体の一部や寿命、下手すると命そのものを差し出す必要がある。

 

ここまでの説明だと、特殊能力バトルの少年漫画でしょ?って感じですよね。

 

どこがおもしろい?


f:id:kotsu_oba:20200403091207j:image

 

妙にリアル

デンジは己の欲に正直です。

本命の女性一筋でいきたい、けどきれいな女の子とイチャイチャしたい。

おいしいものを食べたい。でも恵まれない環境で育ったため「バカ舌」でだいたいのもんは美味しかったり。

 

あと出てくる女の子がリアルです(性格は全員アレだが)。

いわゆる「マンガならでは」という容姿ではなく、リアルに居そうな美人とか

リアルにプロポーション良い女性、という感じです。

 

ブコメにあるようなラッキースケベも、素敵なロマンスもまず無いんですよ。

チャンスがあるように見えてその後...みたいな。

 

大人の私から見ると妙にリアルで面白いのですが、「少年」に受けるのかな?

 

アタマのネジがぶっ飛んでいる人ばかり

 

人だけじゃなく、悪魔とか魔人もみんな。

逆に、普通の感性を持っていると生き残れません。

登場人物は妙にリアルなのに、行動や考え方が常軌を逸しています。

 

死・恨み・怒り・恋愛など強い感情が動く場面が多いのに

どこかカラッと湿度が低い雰囲気です。

非日常とリアルさのギャップによるものかな?

 

映像化するなら

 

まず浮かぶのは「実写化」。

容姿端麗な美男美女を揃えて頭のおかしい画(←誉め言葉)を作ってほしいです。

 

アニメ化なら深夜枠、映画化ならR指定、でしょうね。

頭のネジだけじゃなくて、血もぶっ飛んでます。

 

まとめると

 

少年漫画らしい設定に、生々しいけど頭のネジがぶっ飛んだ登場人物たち、

カラッと湿度の低い雰囲気、テンポ良く進む話、

明かされていないマキマの背景や、チェーンソーの悪魔の正体などの謎、

とにかく続きを読みたくなります。

 

好みは分かれると思いますよ。

 

 

   

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへにほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ11へ 

 

   
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ11へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ
プライバシーポリシー 免責事項
スポンサーリンク
ドラゴンクエストXIの画像の権利は (C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved 
二次配布はおやめください。